カナフレックス工法協会

目 的

本協会は、既設管路の更生工法(KanaSlip工法)及びこれらに関連する工法(以下「本工法」という。)の技術向上と普及を図ると共に、適正かつ安全な施工に努め、 管路事業の発展に貢献すること、並びに、「安全で快適な通行空間の確保」「都市景観の向上」「都市災害の防止」の観点から、都市の無電柱化を推進することを通じて、 豊かな社会の実現に寄与することまた、「公共工事の品質確保の促進に関する法律」の基本理念に則り、 公共資産の健全な維持に努めるべく、高い工事品質を目標として工事技術、管理技術の研鑽に努めることを目的としております。

事 業

近年問題視されているライフラインの老朽化。今後も老朽化は進み、管きょ施設の補修が必要となり、それに伴う工事の増加が見込まれます。しかし、管きょ施設の整備・維持・管理には莫大な資金や労力、 時間が必要です。KanaSlip工法は、これらの問題を解決する工法であり、その有効性を協会本部・支部が一体となって全国への普及活動に努めてまいります。また、「安全で快適な通行空間の確保」「都市景観の向上」「都市災害の防止」のため、都市の無電柱化を推進致します。

  • 1.KanaSlip工法の普及活動の為の調査研究。
  • 2.KanaSlip工法の技術、向上に関する調査研究。
  • 3.KanaSlip工法に係る安全対策、衛生対策等に関する調査研究。
  • 4.KanaSlip工法に係るマニュアル及び基準の作成、技術資料等の発行と提供。
  • 5.KanaSlip工法に関する研修会及び講習会の実施。
  • 6.機関誌その他下水道既設管路の更生に関する参考図書の刊行。
  • 7.無電柱化の推進に関する事業。
  • 8.関係官庁、団体及びその他の関係方面に対する折衝及び広報活動。
  • 9.その他、本協会の発展及び目的を達成するために必要な事業。

アクセスマップ1

一般社団法人KanaFlex工法協会の所在地

【協会本部 東日本オフィス】  

〒106-6117
東京都港区六本木6-10-1
(六本木ヒルズ森タワー17F)
TEL:03-5770-5197
FAX:03-5770-5124








【西日本オフィス】  

〒530-6017
大阪府大阪市北区天満橋1-8-30
(OAPタワー17F)
TEL:06-6881-0811
FAX:06-6881-0828

組 織 図

組織図

会員名簿

会員名簿のダウンロードはこちらから